坐骨神経痛

このようなお悩みは調布駅前整骨院南口院にお任せ下さい

  • 座っている際にお尻が痛い
  • 同じ姿勢を続けると痛みが出る
  • 長時間座っていると痛い
  • お尻、太ももが痺れるように痛い
  • デスクワークをしている

お尻や太ももがビリビリと痺れるように痛む方。
もしかしたらその症状、坐骨神経痛かもしれません!

原因となる疾患を改善させなければ、坐骨神経痛の症状はなかなか改善されません。

上記の症状に心当たりがある方はお早めに当院へご相談ください。

電話番号:042-444-6889

24h受付OK!LINE予約!

坐骨神経痛とは?

骨模型をもった院長坐骨神経痛はお尻や太ももに痺れるような痛みが起こる症状です。

デスクワークの人や、同じ姿勢を長時間取っている人に起こりやすい症状です。

坐骨神経痛は疾患の名前ではありません。
腰椎や骨盤の疾患が原因で起こる症状の名前です。
梨状筋症候群や腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などが原因として挙げられます。

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経は腰から足の先まで走る長い神経です。
その坐骨神経が何かしらの原因で圧迫され、下半身に痛み・痺れを起こすことを”坐骨神経痛”といいます。

主な原因となる疾患

梨状筋症候群
坐骨神経を挟んでいる梨状筋という筋肉が硬くなり、神経が圧迫されお尻~太ももにかけて痺れるような痛みが現れます。

腰椎椎間板ヘルニア
日常生活のなかで、背骨の椎間板と呼ばれる負担が積み重なり下半身に痛み・痺れなどを引き起こします。
場合によっては手術をする必要があります。症状が気になる方はお早めにご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症
脊柱管
は神経の通り道の事です。
脊柱管が狭まると、その中を通っている神経が圧迫されてしまいます。
腰部脊柱管狭窄症の場合、下半身だけでなく腰にも痛みが現れることがあります。

調布駅前整骨院南口院の坐骨神経痛へのアプローチについて

坐骨神経の通り道に異常が起こることで痛みを引き起こす為、通り道を正しい状態にする必要があります。

また原因となる疾患次第では日常生活に影響が出たり,手術が必要になる場合もあるので
坐骨神経痛の症状が出た際には早めに対処することをお勧めします。

痛みが出る場合

ハイボルト施術痛みを取るのに特化したハイボルト療法がございます。

坐骨神経痛の場合、神経が刺激を受け興奮した際に痛みが強く出ます。このハイボルト療法では、神経の興奮に直接作用し、痛みを抑えることが出来ます。また長く走る坐骨神経のどこの部分に興奮が起きているのかを、痛みを取りながら調べることが出来ます。

根本的な解決を望まれる方へは、最短でお身体を良くしていく方向性を説明できるようになります。

ハイボルト療法 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

原因が骨格の歪みにある場合

トムソンテーブル神経のストレスを減らすためには、その神経の通り道を正しく矯正する必要があります。
脊柱管や梨状筋などの神経の通り道は骨格の影響を受けやすい為、再び痛まない身体づくりをしていく為の姿勢矯正があります。

当院の姿勢矯正は、患者様のお身体を大きくゆっくり動かしていく手技療法と、
機械を使いミリ単位で細かい関節を矯正するトムソンテーブル矯正が行えます。

2つのオリジナルの矯正行うことで患者様のお身体をしっかりとサポートさせて頂けます。

骨盤矯正 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

インナーマッスルの低下により症状が出ている場合

インナートレーニング機械をつかって寝ながらインナーマッスルを鍛えるトレーニングがあります。

整えた骨格の維持・日常生活の負担に負けない身体を作るために、インナーマッスルはとても重要な役割を担っています!!

インナーマッスルトレーニング | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

当院では、まずは今あるお悩みを取っていく為の治療を徹底して行います。

その後、今後再び症状が起きないように、根本的な原因に対して治療を行います。

せっかく今あるお悩みがなくなっても、時間とともに痛みが再発したら
心も体もストレスがかかってしまいますので、調布駅前整骨院南口院がお手伝いできればと思います!!