脊柱管狭窄症

このようなお悩みは調布駅前整骨院南口院にお任せ下さい

  • お尻から足にかけてしびれる
  • 長時間歩けないが休むとまた歩ける
  • 立つ・歩くを繰り返すとシビレが強調される
  • 前かがみの姿勢ではシビレは軽減する
  • 排尿・排便がしにくい

脊柱管狭窄症と診断されているかたは近年では増加傾向にあります。
50代から増え始めて、60~70台に非常に多くいらっしゃいます。

高齢者の10人に1人は脊柱管狭窄症と言われており、身近な症状となってきました。

悪化が進行してしまうと、歩くことすらできなくなってしまいます。
早めに対処していきましょう。

脊柱管狭窄症ってどんな症状?

しびれている女性50代~70代に多く見られるといわれていて、この症状が起きると長くあることが困難になってきます。

最初は歩行と休憩を繰り返すことによってなんとか日常生活を保てますが、症状が進行し、悪化してくるとだんだんと歩くことさえも難しくなっていきます。片足or両足にかけてしびれが出てきてしまうことも症状の1つです。

脊柱管狭窄症は安静にしていると痛みは落ち着きますが、動けなくなる身体になってしまいますので早めの対処が肝心です。

脊柱管狭窄症の原因は?

日々の身体の使い方や、負担のかけ方によって腰椎が変形してしまうことあり、その周りにある靭帯と言われているものや、椎間板といったものも変形が起きてしまいます。
その結果、神経は圧迫されてしびれが強く出てしまう方がいます。

今まで腰に負担をかけ続けていた方は特に注意が必要です。
このような点に覚えはないですか?

  • 最近、老化をとても感じる
  • 身体がうまく使えない、思うように動けない
  • 姿勢が悪い、まっすぐ立てない。
  • 筋力が落ちている

このような変化が出てきている方であれば、根本的に原因をよくしていく必要があります。

調布駅前整骨院南口院の施術例

調布駅前整骨院では脊柱間狭窄症に対して様々な要因に対しての施術を行うことができます。

ハイボルト施術

ハイボルト施術脊柱管狭窄症によってシビレ・痛みが強く出てしまっている方はまずはそのシビレ・痛みを抑えていくためにハイボルト施術を行うことが多いです。

ハイボルト施術によって神経の興奮を抑え、現在出ているお悩みの軽減を行うことができます。日常生活にも支障が出ていてお困りの方は早急にこの施術を行うことをお勧めいたします。

この施術では原因の特定も同時に行います。
現在の状態を把握し、根本的に治すためにも非常に重要です。

姿勢・猫背矯正 骨盤矯正

肩のストレッチ日常生活での身体の癖や、身体の悪い使い方、姿勢の不良から脊柱管狭窄症になってしまっている方には、調布駅前整骨院の骨格矯正メニューをお勧めいたします。

正しい骨格にすることによって、

  • お悩みの改善
  • 見た目の改善
  • 動きの改善
  • 力の使い方の改善

に対して変化が起きてきます。

トムソンテーブル調布駅前整骨院では患者様のお身体を当院オリジナルの手技療法とトムソンテーブルという骨格矯正専用の機械を使ったミリ単位の矯正治療を組み合わせて患者様の身体を施術させていただきます。

 

 

インナーマッスルトレーニング

インナートレーニング脊柱管狭窄症の原因の一つである、
筋力低下に対してのアプローチです。

筋力をなんでもいいから鍛えれば脊柱管狭窄症の対策になるというわけではありません。
よく独学でのトレーニングで筋力アップを狙う方がいらっしゃいますが、間違ったやり方をしている方も少なくないです。

 

脊柱管狭窄症に関しましては身体をしっかり支えてあげるインナーマッスルが重要になってきます。機械を使ってインナーマッスルを鍛えることができるので、運動ができない方でも鍛えにくいインナーマッスルを鍛えることが可能です。

インナーマッスルトレーニングの様子

 

筋力は使わなければ
急速に減少してしまうといわれております。
今、不安に思われている方は
今後のことも考えて早めにご相談ください。