足底筋膜炎

このようなお悩みは調布駅前整骨院南口院にお任せ下さい

  • 歩いたり、ランニングしていて足の裏が痛む
  • 起床時の歩き始めで足が痛む
  • 足を休ませても痛みが引かない
  • かかとを押したりすると痛みが走る
  • 立ちっぱなしの状態でも足裏に痛みを感じる

痛みによって「歩く」ことが出来ないと、日常生活に多大なる影響が出てしまいます。

足底筋膜炎は放置していると手術適応になる場合もある為、一度ご自分の状態を把握してケアをしておきましょう!

 

電話番号:042-444-6889

24h受付OK!LINE予約!

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎は足の裏に大きな負担が掛かり続けることによって炎症が引き起こされる痛みです。

炎症が起きることで、足底筋膜に小さな傷ができてその傷が広がり痛みが生じる状態になります。足底筋膜はかかとの骨から始まり足先の指に向けて放射状に広がっている繊維組織の束です。

 

この足底筋膜には2つの大切な役割があります!

・足裏のアーチ構造の保持する
足の裏はアーチ状になっていて体重の重みを支えるようになっています!
足底筋膜はアーチを弓の弦のように張らせて形成してできています。

・地面からの負荷に対して衝撃を吸収する
足底筋膜が構成している足のアーチは、地面に足を着いた際の衝撃を吸収するクッションの役割があります。

足底筋膜炎になる原因

宮下院長足底筋膜炎の原因として過剰な運動などにより足底筋膜に負担を掛けすぎてしまうことが一つとしてあります。

過剰な運動以外にも、いつも以上に長い距離を歩いたり、階段を勢いよく駆け下りたりするなど日常生活で足裏に負担の掛かる動きをした時にも痛みを引き起こしたりします!

また、土踏まずのアーチが落ちている偏平足の人は足底筋膜炎になりやすい場合も多々あります。

足のアーチが落ちてしまうと足底筋膜が無理やり引き延ばされた状態なり負担が掛かり続けてしまい痛みにまで発展してしまいます。

特徴的なのがかかと部分の一点に痛みが出る場合がほとんどです!

足底筋膜炎に対しての施術内容

痛みが強い症状には深部に刺激を与えて痛みを軽減させるハイボルテージ療法

ハイボルト施術炎症症状が強く、あまりにも痛みがある場合に対してはハイボルテージという電気療法を施します。

痛みの深部に刺激を与えて、炎症を抑えることで痛みを和らげる役割があります。

ハイボルト療法 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

骨格の歪みからの足への負担を軽減させる骨盤矯正

骨盤矯正の様子骨盤が歪むことで体幹のバランスが崩れ、足底が本来接地すべき場所からずれてしまいます。

足底への負担がかかる場合は、骨盤矯正で歪みを正して足底の接地箇所を正常にすることで症状を改善させていきます。

骨盤矯正 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

姿勢・猫背矯正 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

改善・再発防止のためのインナーマッスルトレーニング

コアレ体幹(インナーマッスル)の筋力が弱まってることでバランスを保つことが出来ずに痛みが出ている時は、ベットで横になっていながらもインナーマッスルを鍛えます。

足底に負担がかかりにくい身体を目指していきます。

インナーマッスルトレーニング | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)