ぎっくり腰

このようなお悩みは調布駅前整骨院南口院にお任せ下さい

  • 同じ姿勢で過ごしていると腰が痛くなる
  • ぎっくり腰になり動けない程つらい
  • 仰向けで寝ていると段々と腰が痛くなる
  • 坐骨神経痛により腰から足にかけて痛む
  • 腰痛を根本から良くしたい

「ずっと続いている痛みだから」とそのまま放置していませんか?
いつもの腰痛、ぎっくり腰と思いそのまま放っておくと、
状態が悪化してしまう可能性があります。

寝ていればそのうち良くなると自己判断せず、一度調布駅前整骨院南口院にご相談下さい。

電話番号:042-444-6889

24h受付OK!LINE予約!

ぎっくり腰の原因

骨模型をもった院長ぎっくり腰

正式名称は急性腰痛と言います。
突発的に腰が痛くなる現象を指します。
原因は様々で、不意に体勢を変えた時や、重たい荷物を持ち上げるなどの何気ない日常生活動作で引き起こされます。

腰痛の種類は上記のほかに、腰から足にかけての痛みや痺れがある坐骨神経痛疲労骨折などが原因で引き起こされる腰椎分離症・すべり症などがあります。

患者さんが良いと思って行っているケアが、実はその症状には間違っている場合も多々あります。一度、調布駅前整骨院 南口院にご相談ください。

 

腰痛を放置してしまうとどうなりますか?

腰痛ぎっくり腰が放置したことにより悪化して、椎間板ヘルニアなどの他の症状につながってしまう可能性があります。悪化が進行してしまうと手術が必要となることもあります。

かなり悪い状態でお越しいただいてご相談頂くことも多くあります。

ぎっくり腰の場合、早めの施術で症状緩和を期待できますが、そのまま放置しておくと再発したり、慢性腰痛の原因にもなってしまいます。

そうなる前に状態をしっかりと把握することが大切です。

 

ぎっくり腰で自己流の対処法は危険!

姿勢・骨盤矯正で不調を解消ぎっくり腰は重たい物を持とうとした時に、腰に急激な痛みが走り動けなくなった、不意なくしゃみなどのタイミングなどにより引き起こします。
そのため、それまで腰痛とは無縁だった方が急にぎっくり腰になってしまい、対処法に悩まされている方が多くいらっしゃいます。

ぎっくり腰をご自身で対処しようと市販の湿布を貼ったり、お風呂で温めてしまう方などもおられますが、間違った対応をするとかえって状態を悪化させてしまうリスクがあります。
また安静にしていて痛みが徐々に緩和しても、筋肉の緊張状態が継続していると痛みを繰り返してしまう可能性もあります。

 

筋肉の硬さの改善だけでは、根本的な原因の解決とはいえません!

メインイメージ調布駅前整骨院南口院では根本からの症状改善を目指しサポート致します!

痛みや不調の時間を少しでも長くしないためにも、ご自身だけで対処しようとせずに是非一度お越しください。

調布駅前整骨院南口院のぎっくり腰の施術方法!

その腰痛あきらめないで下さい!

宮下院長腰痛は一度痛みが出ると、その時の痛みがなくなったとしてもまた再発してしまう可能性があります。

「また、痛みを繰り返すのでは?」と思いながら不安な毎日を過ごしている方も少なくありません。

私たちは痛みを繰り返さない身体作りをして、不調なく元気な生活を過ごして頂くために、根本的な原因を改善していくことが大切だと考えて、回復のサポートをしています。

筋肉の緊張を取り除くことを目的とした手技療法

背中の調整腰痛はお一人おひとりの症状に合わせて、
細心の注意を払いながら必要な施術を選び、ぎっくり腰の軽減に取り組んでいきます。

手技療法を受けたことがない患者様でも、お話を聞かせていただきながら進めていきますのでご安心ください。

手技療法はこちら
骨盤矯正 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)
姿勢・猫背矯正 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

ぎっくり腰には筋肉の深部へ刺激を与えるハイボルテージ療法

ハイボルト施術ぎっくり腰などの突発的な痛みや痛みがあまりにも強い症状に対しては、ハイボルテージという電気療法を致します。

痛みの深部にしっかりと刺激を与えて、炎症を抑える役割があります。

ハイボルト施術はこちら
ハイボルト療法 | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)

 

腰痛防止・再発予防のためのインナーマッスルトレーニング

インナーマッスル体幹(インナーマッスル)が弱まってくることで痛みが出ている時は、ベッドに横になりながらもインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

インナーマッスルを鍛えて腰痛の再発防止・予防を目指します。

インナーマッスルはこちら
インナーマッスルトレーニング | 調布駅前整骨院|南口院 (chofu-ekimae.com)