シンスプリント

このようなお悩みは調布駅前整骨院南口院にお任せ下さい

  • マラソン中に脛のあたりに痛みが出る
  • ジャンプの多い競技をしている
  • 最近、ランニングを始めた
  • 底の薄いシューズを使っている
  • 脛の内側に痛みを感じている

バスケットボール イラスト走り始めると脛(すね)の内側に痛みを感じる方。
その症状、【シンスプリント】かもしれません

最初は軽い痛みかもしれませんが、放っておくと日常生活にも支障をきたすほどに痛みが強くなってしまうことがあります。

足の痛みが気になる方は早めにご相談ください。

電話番号:042-444-6889

24h受付OK!LINE予約!

シンスプリントとは?

問診シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれています。

脛骨とはいわゆる”すね”の骨のことで、骨膜とは骨の表層にある部分で筋肉などが付着しています。

脛骨過労性骨膜炎はその名の通り過労により脛骨の骨膜に炎症が出ている症状のことです。

例えば、毎日の部活動やランニングなどで筋肉に疲労が溜まるとその筋肉が硬くなってしまいます。
筋肉が硬くなればそれが付着している骨膜にも負担がかかってしまいます。

この負担が痛みとして出ているのがシンスプリントです。

シンスプリントの原因は?

シンスプリントは”過労性骨膜炎”と呼ばれるように、疲労の蓄積が原因となります。
スポーツやランニングによって溜まった負担をケアしないと骨膜に炎症を起こしてしまいます

特に、
バスケットボールなどの細かいダッシュを繰り返すスポーツ
マラソンなどの負担が長時間にわたり足にかかるスポーツ
などのスポーツをしている人は、筋肉の柔軟性を失いやすく
シンスプリントになりやすくなってしまいます。

筋肉を柔らかく保つためにも、運動前の準備運動や運動後のストレッチなどのケアをしっかり行う必要があります。

シンスプリントに対する調布駅前整骨院南口院の施術

初期の段階のシンスプリントであればスポーツを中止し、安静にすることによって痛みの改善が見込めます。

しかし、痛みを我慢したまま原因となるスポーツを続けると、
日常生活に支障をきたすほどの激痛が起こることもあるので、早めに治療を行うことが大切です。

少しでも足に痛みや違和感を感じたら早急にご相談ください。

シンスプリントの痛みが強い場合

ハイボルト施術日常生活に支障をきたすほどの痛みが出ている場合。
調布駅前整骨院南口院ではハイボルト電気機器を用いたハイボルト施術を行っています。

この機械は痛みの原因が神経筋肉などの炎症にある場合、その炎症に直接作用し痛みを取り除くことができます。

また、脛骨のどの部分に炎症が起きているのかを検査することもできるので今後のシンスプリントを治療していくにあたって最適な治療プランを提案することができます。

詳しくはこちら
https://www.chofu-ekimae.com/method/highbolt/

シンスプリントの原因が姿勢の歪みにある場合

骨盤矯正の様子シンスプリントは筋肉に負担が溜まってしまった際に起こる症状です。
同じ運動量でも筋肉への負担が大きい人少ない人では
シンスプリントの発症リスクに大きな差が生まれてしまいます。

その差を生み出している一つの要因が姿勢にあります。
骨格が歪み姿勢が悪い人は筋肉に過度な負担がかかってしまうからです。

調布駅前整骨院南口院では骨格の歪みに対して2種類の矯正治療でアプローチをしています。
一つ目。細かい関節をミリ単位で整えることが出来る機械を使ったトムソンテーブル矯正
二つ目。施術者の手によって関節を大きく動かす手技

この2種類の矯正法を用い、患者さんのお悩みを改善する為の手助けを全力でさせて頂きます。

シンスプリントでなくても普段の姿勢が気になる方は是非スタッフまでご相談ください。

姿勢・猫背姿勢
https://www.chofu-ekimae.com/method/shisei/

骨盤矯正
https://www.chofu-ekimae.com/method/kotsuban/

骨格の歪みの原因がインナーマッスルの低下にある場合

インナーマッスルは一言でいうと姿勢を支える為の筋肉です。
この筋肉が低下してしまうと、長い時間姿勢を保つのが難しくなるため
骨格が歪んだり、普段から疲れやすい身体になってしまいます。

当院ではこのインナーマッスルを鍛えるために専用の機会を用いたトレーニングプランを行っています。
この機械によって寝ながらインナーマッスルを鍛えることが出来る為
運動や筋トレが苦手な方でもインナーマッスルを効率的に鍛えることが出来ます。

矯正治療によって整えた骨格を支える為にもインナーマッスルを鍛え、疲れにくい身体を作っていきましょう。

詳しくはこちら
https://www.chofu-ekimae.com/method/innermuscle/